SANKEI SHIMBUN RECRUIT 2018

産経新聞社 採用サイト

会長メッセージ

株式会社 産業経済新聞社 
代表取締役会長(元代表取締役社長)
TAKAMITSU KUMASAKA
熊坂 隆光

産経新聞社で働く「面白さ」
について教えて下さい

新聞社の仕事は、新聞を作ることだけではありません。私はよく「職種のデパート」と呼んでいるのですが、新聞社には本当にたくさんの職種があります。なので、漠然と「何かをやりたい」と思っている人にとって、非常に選択肢の多い会社だと思います。
そのような多様な職種の中で、最も働いている人の数が多いのは、報道機関ということもあって、やはり編集に携わる職種です。私自身も新聞の編集に携わる新聞記者として長い間、働きました。
記者の楽しみというのは、やはり世の中の最先端を現場に行って自分の目で見ることができるということです。それから、事実や出来事に肉薄する喜び、そして自分自身で世の中の人がまだ知らない現象やニュースを発掘して伝えられる喜びも得られます。歴史を創るといっては大袈裟ですが、自分の書いたことで世の中が動いていくことがあるのも記者の醍醐味ですね。
記者以外の職種に関して言えば、例えば、総務や経理なども他の会社とは少し違います。「産経新聞社の総務」「産経新聞社の経理」として、どの職種の社員も、報道機関であることを常に意識して働いています。

産経新聞社の未来像については
どのように考えていますか。

産経新聞社は報道機関であり、中心的な仕事が新聞を作ることであることは変わることはありません。今、若者の活字離れや人口の減少などで、産経新聞社に限らず、新聞業界全体が右肩下がりといわれています。そのような状況の中で、産経新聞社では、様々な新規事業に取り組み、それこそ「こんなことまで新聞社がするのか」と驚かれるような事業も展開しています。そして、それらの事業は、報道機関としての産経新聞社または産経新聞、サンケイスポーツ、夕刊フジといった、紙媒体を守るためのものであります。
今後も、新聞社のノウハウを生かせるような事業、商売があれば、積極的に開拓していくつもりです。報道機関としてジャーナリズムの精神を大切にしつつ、何年後かには「えっ、産経新聞社って新聞も出していたのですか」と言われるくらい、様々なことをやっていきたいと思っています。

最後に、
求める人材像について
聞かせてください。

新聞社で働いてほしい人は「好奇心が旺盛」「腰が軽い」「何にでも挑戦する」という要素を持ち合わせた人です。
ニュースをどうやって発掘するかといったら、それはやはり好奇心が大切になってきます。例えば、銀座を歩いていて、行列を発見したとします。好奇心を持って、その行列が何かを調べたら、たまたまその行列がその年を象徴するようなトレンドと関係性があって、そのことについての新聞記事が書けたりします。そんな風に、どこにでもニュースは転がっているものなので、常に好奇心を絶やさないことが重要ですね。
そして、自分が好奇心を持ったことをすぐに調べに行くような腰の軽さも大切です。現場に行って初めて分かることは多いですからね。そして最後の「何にでも挑戦する」というのは、既成の事実に囚われずに新しい発想で物事を見るということです。「これは記事にならないだろう」と考えて、重大なニュースを見逃してしまうのではダメです。「これは何か発見があるんじゃないか」と思って様々な出来事に飛び込んでみたり、新しい事業や収益源があれば挑戦してみたりするということが大切です。