職種紹介

各職種をクリックすると詳細が表示されます。

  • 取材記者、スポーツ記者
  • 写真記者(カメラマン)
  • 整理記者
  • 校閲記者
  • 広告営業
  • イベント
  • 制作(技術)
  • 印刷センター
  • 販売(地域コンサルティング)

編集部門

取材記者

取材記者は世の中の動きを取材し、原稿を書きます。原稿は締め切りまでに記者パソコンから本社編集局に送信します。送信された原稿はデスクがチェックします。産経新聞社の編集局は、社会部・政治部・運動部・外信部・経済部等に分かれており、その他にも国内・海外に総支局があります。サンケイスポーツ編集局は運動部、文化報道部、レース部等に分かれスポーツだけではなく芸能、ギャンブルなど取材範囲は多岐に渡ります。

編集部門

写真記者(カメラマン)

カメラマンが所属する写真報道局は、写真部と動画推進室の2つに分かれています。現場で撮影された写真は、本社の写真報道局に送られ、膨大なデータの中から紙面に載せる写真を選びます。なお、産経新聞社のカメラマンは、短い記事を書くこともあるため、写真“記者”と呼ばれています。

編集部門

整理記者

一つ一つの原稿を精査し、見出しを付け、均整のとれた紙面をレイアウトします。産経新聞とサンケイスポーツを読み比べてみても分かるように、媒体ごとに見出しの付け方や紙面の内容が違います。その為、整理記者には媒体ごとの特性を理解し、ニュースの価値を的確に判断することが求められます。

編集部門

校閲記者

整理された記事を校閲します。文言の間違いを訂正し、正確な新聞を届けます。

ビジネス部門

広告営業

新聞紙面に載せる広告を企画し、クライアントや代理店に提案します。単に広告収入を得るだけではなく、広告を通して社会へメッセージを送ることが出来る仕事でもあります。その他、ビジネス部門には美術展やスポーツイベントを企画・運営する事業局という部署もあります。

ビジネス部門

イベント

新聞社ならではのイベント業務。国内、海外の絵画、展覧会、音楽、スポーツ様々な企画運営を行う仕事です。

制作部門

制作(技術)

印刷工場を中心としたシステム、生産設備の維持管理や設備の導入、紙面品質などを管理する仕事です。

制作部門

印刷センター

輪転機で新聞を印刷し、各販売店に輸送します。

制作部門

販売(地域コンサルティング)

入社後、1年間は本社にて販売の一連の業務フローを学びます。2年目からは日本全国にある販売店のオーナーに対し、売り上げと部数を伸ばす為のアドバイスをする訪店業務を担当します。多角的な視点から販売店の経営をコンサルティングしていく仕事です。担当する販売店が遠方エリアの場合は、出張が伴います。

このページの先頭へ

  • エントリー
  • マイページ

Copyright(C)The Sankei Shimbun.All rights reserved.