Q&A

  • 試験について
  • エントリーについて
  • 入社後について

試験について

Q. OB・OG訪問は出来ますか?

A. OB・OG訪問は受け付けておりませんが、説明会には社員が多数参加しますので疑問点などは遠慮なく聞いてください。

Q. 社会人ですが、応募できますか?

A. 募集条件を満たしていれば、応募できます。ただし、試験日程によっては平日しか行わない選考もありますので、注意してください。

Q. 海外にいるため、試験日に受験することができません。日程をずらして受験できないでしょうか?

A. できません。試験は決められた日のみの実施となります。次の応募の機会にお待ちしています。

Q. 過去問題はありますか?筆記試験ではどのような問題が出題されるのですか?

A. 過去問題は公開していません。昨年は作文、オリジナルの一般教養問題(国語、時事、簡単な数学)をやりました。

Q. 選考試験にはスーツ着用でなくてはいけませんか?

A. 必ずしもスーツである必要はありません。筆記試験などは長時間にわたりますので、体温調整などをしやすい格好でお越しください。面接では各自の判断にお任せします。

Q. 面接の日程は変えられますか?

A. 面接日程の変更は出来ませんので予めご了承ください。

Q. エントリーシートに、資格を記入したのですが、証明書は必要ですか?

A. 資格をお持ちの方は、1次面接の際に証明書のコピーを提出していただきます。運転免許証のコピーは不要です。

このページの先頭へ

エントリーについて

Q. ネットエントリーの仕方を教えてください。

A. エントリーボタンからエントリーしてください。メールアドレスが必要になりますので、アドレスをお持ちでない方は準備してください。HotmailやYahooなどの無料アドレスも利用できますが、弊社からの合否連絡メールが迷惑メールボックスに入ってしまうことがあるようです。利用の際には、弊社からのメールが確実に受信できるよう設定してください。

Q. パソコンが無いので、履歴書を郵送しても良いですか?

A. ネットエントリーのみの受付です。パソコンの無い方は、ネットカフェや学校のパソコンなどを利用してください。

Q. マイページが開きません。

A. ID、パスワードはあっていますか?小文字・大文字はあっていますか?ゼロ(0)とオー(O)、エル(L)と数字の1などは特に注意してください。

Q. メールが届いていないようですが。

A. 迷惑メールボックスに入っていることがありますので確認してください。

Q. エントリー締め切り直前にパソコンがフリーズしてしまったのですが、エントリーを待ってもらうことは出来ますか?

A. 残念ですが、いかなる理由でも締め切り時間は厳守です。エントリーの期間を1ヶ月以上設けていますので、後悔しないよう、事前の準備を心掛けてください。

Q. メールアドレスを変更したいのですがどうしたらよいでしょうか?

A. マイページより登録情報の変更を行ってください。その他、引っ越しをした場合なども住所情報を入力しなおしてください。

このページの先頭へ

入社後について

Q. パソコンは使える必要はありますか?

A. ネットエントリーのみの応募方法ですので、時代の変化に対応し、最低限エントリーができる程度には使える必要があります。入社後にも様々な場面でパソコンを使うことがありますので、入社前にできる努力はした方がいいと思います。入社後に研修がありますので、それ以上の技術は仕事をしながら覚えてもらえると思います。

Q. 取材記者志望ですが、写真の技術は必要ですか?

A. 地方の総・支局へ配属された場合、大体は自分で写真を撮影することになります。新入社員研修で、パソコン、デジタルカメラ、ビデオカメラの使い方は習いますので、特別な技術は必要ありません。「知らないこと・分からないことはやりたくない」人には不向きですが、「知らないから学びたい」という気持ちのある人であれば、全く問題ありません。

Q. 入社後の配属はどのようになりますか?

A. 原則として職種別採用なので、受験した職種での入社になります。東京本社と大阪本社での採用ですが、入社は受験した本社に決まるとは限りません。記者で採用されると、本社または地方支局へ赴任します。総・支局では警察担当、県・市政担当、遊軍などの担当に分かれ、それぞれの担当業務の他に町の情報などを取材することになります。

Q. 転勤はありますか?

A. 東京本社と大阪本社の2本社制になりますので、職種を問わず東西間の異動はあります。記者職で入社の方は、全国にある総・支局、または海外の総・支局での勤務もあります。

Q. 職種間の異動はありますか?

A. 職種別採用なので、入社後すぐにはありません。ただし、それぞれの適性などを考慮して、より能力が生かせると会社が判断した場合、別の職種への異動もあります。

Q. 産経新聞の職種で入社後、 サンケイスポーツや夕刊フジへの異動はありますか?

A. あります。産経新聞とは別に、サンケイスポーツや夕刊フジそれぞれに編集局・営業局などがありますので、媒体間の異動はないとは言えません。営業・事業などの業務については、産経新聞・サンケイスポーツ・夕刊フジ一括の採用になります。 それぞれに独自のカラーがあるので、そこで経験したことが、他の媒体で違う形で生かされると考えています。

Q. 海外留学をするにはどうしたらいいですか?

A. 本採用3年以上、42歳未満までの社員が対象の、海外留学生試験を受験することができます。毎年1回、2?5人ほどの留学生が海外へ飛び立っています。また、平成15年から国内留学制度を導入しました。

Q. 休日や勤務時間はどうなっていますか?

A. 会社が定める年間休日は120日です。有給休暇は初年度12日間です。 新聞は休刊日を除いて毎日発行されるものなので、編集や制作などの職種は決まった曜日に休みを取れるとは限りませんが、シフト制やローテーション勤務などを取り入れ、交代で休みを取ります。夜勤や宿泊勤務などもあります。また、大きな事件・事故が起こった場合には、24時間体制で備えている新聞社の性質上、休日でも呼び出されたり、勤務時間が不規則になることはあります。

このページの先頭へ

  • エントリー
  • マイページ

Copyright(C)The Sankei Shimbun.All rights reserved.